【本のソムリエ】が選んだおすすめ書籍!
98点 / 97点 / 96点 / 95点 / 94点 / 93点 / 92点 / 91点 / 90点
年間書籍ランキング
2008/2007/2006/2005/2004/2003/2002
 
<<前の名言を表示次の名言を表示>>

トップビジョン>「あきらめの壁をぶち破った人々」〜人を動かす魅力を生み出す〜

あきらめの壁をぶち破った人々―日本発チェンジマネジメントの実際
中尾 英司
日本経済新聞社 (2003/11)
売り上げランキング: 77,754
おすすめ度の平均: 4.67
5 何度も開きたくなる本
5 組織とは
2 期待したほどには・・・・




 ・自分が権力を振るえる強い立場にある人間は「犯人捜し」に走りがち
  である。意図的であるにせよ無意識であるにせよ、そこには自分に
  係累が及ばないよう「トカゲのしっぽ切り」をする心理が働いている。
  (p271)



●企業で不祥事があったときに経営責任者が自らの責任を自覚し、反省と
 改善の意思を表明することが重要であることはいうまでもないでしょう。

 ただその際の心がけとして、全責任は自分にあるということが大事だと
 思います。


●大企業になると、現場と経営責任者との距離が遠くなりがちですので、
 日ごろから現場の責任は自分にあると認識し、現場との距離を短く
 するような努力が必要です。

 もし、日ごろからそういう努力がなければ、マスコミへのコメントから、
 聞いている視聴者に見透かされてしまうのではないでしょうか。



「あきらめの壁をぶち破った人々」中尾英司、日本経済新聞社 (2003/11)
¥1,680(評価:★★★☆☆)



この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する

ranking

ありがとうございます!



このブログでは、メルマガの一部を掲載しています。
全部読みたい!!と思った方は、こちらからメルマガ登録をお願いします。 
メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
無料で読書!12,000名が読んでいる定番書評メルマガ。購読して読書好きになった人が続出中です。
登録は無料!!
          配信には『まぐまぐ』を使用しております。




お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト本のソムリエ日記
<<前の名言を表示次の名言を表示>>

jap11 at 02:40│Comments(0)ビジョン │Edit

この記事へのトラックバック

1. こんな人になれたら...  [ ケニイの資格い部屋 ]   2006年03月09日 17:03
中尾 英司 あきらめの壁をぶち破った人々―日本発チェンジマネジメントの実際 会社にこんな先輩が一人でもいればなぁ... と、つい愚問を投げたくなります。 どこの会社でもよく見られる「大企業病」。 それにたった一人で立ち向かい、業務改革プ

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔