【本のソムリエ】が選んだおすすめ書籍!
98点 / 97点 / 96点 / 95点 / 94点 / 93点 / 92点 / 91点 / 90点
年間書籍ランキング
2008/2007/2006/2005/2004/2003/2002
 
<<前の名言を表示次の名言を表示>>

トップ社風国民性)>「工場はなぜ燃えたか?」〜経費の性質はまったく異なる〜




 ・「良きにつけ、悪しきにつけ、わが国の保全はKDDで行われてきた」
  という話を聞いたことがある。KDDとは、「勘」「経験」「度胸」の
  頭文字を取ったもので、経験豊富な現場エンジニアの五感に頼ってきた
  というわけだ。(p26)




●欧米においては労働者の質が悪いことから、
 アホでもできるような仕事の仕組みを作ることに努力しており、
 それがシステムとして構築されてきました。


●一方、日本という国は、個人の能力が高いせいか、
 問題が表面化しにくい傾向にあります。

 そのため、仕事は個人の能力に依存するようになり、
 どうしても「この人でないとだめ」という仕事になりがちです。


●こうしてみると、質の高い労働者を獲得できた時代の強みは、
 時代と共に、弱みになっているのかもしれません。



「工場はなぜ燃えたか?」丸田 敬、エネルギーフォーラム(2005/12)
¥1,995(私の評価:★★☆☆☆:人によっては価値を見い出すかもしれません)


この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する

ranking

ありがとうございます!



このブログでは、メルマガの一部を掲載しています。
全部読みたい!!と思った方は、こちらからメルマガ登録をお願いします。 
メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
無料で読書!18,000名が読んでいる定番書評メルマガ。購読して読書好きになった人が続出中です。
登録は無料!!
          配信には『まぐまぐ』を使用しております。




お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト本のソムリエ日記
80対20の法則を覆す ロングテールの法則
1億稼ぐ「検索キーワード」の見つけ方?儲けのネタが今すぐ見つかるネットマーケティング手法
シュガーマンのマーケティング30の法則 お客がモノを買ってしまう心理的トリガーとは

<<前の名言を表示次の名言を表示>>

jap11 at 23:08│Comments(0)社風 | 国民性Edit

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔