【本のソムリエ】が選んだおすすめ書籍!
98点 / 97点 / 96点 / 95点 / 94点 / 93点 / 92点 / 91点 / 90点
年間書籍ランキング
2008/2007/2006/2005/2004/2003/2002
 
<<前のページへ|会議|    次のページへ>>

トップ>会議>会議は議論の場ではなく指示命令の場

「今日の名言」は・・・

・会議は議論の場ではなく指示命令の場(p144)

経営のやってはいけない!」岩松 正記、クロスメディア
【私の評価】★★★★☆(80点)


■仕事をしていると会議にもいろいろあって、
 指示命令で終わる会議もありますが、
 意見百出でまとまらない会議もあります。

 たとえば、試験を計画する場合、
 どういった試験をするのか、
 どこまでリスクを取るのか、
 といったことは、人それぞれの意見があり、
 絶対正しいとは言えないことがあります。

 その場合、結局は、グループのリーダーの
 考え方で決まるのだと思うのです。


■会議でいろいろな意見が出ることによって、
 さまざまな角度からリスクを表に出し、
 最終的には、リーダーが決断する。

 そうした意思決定のプロセスを
 参加者が理解することが
 会議の意義なのだと思います。


経営のやってはいけない!〜残念な会社にしないための95項目〜
岩松 正記
クロスメディア・パブリッシング(インプレス)
売り上げランキング: 139


↓↓この名言に「なるほどね!」と思ったらクリックをお願いします rankingnosum
いつも応援ありがとうございます


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ


にほんブログ村


jap11 at 06:32|この記事のURLComments(0)Edit

トップ>会議>社長室をオペレーションセンターにするべきだ

・社長室をオペレーションセンターにするべきだ(p46)

超・会社力」長谷川 和廣、かんき出版
【私の評価】★★★★★(90点)


■私たちが仕事を進めていく上で、
 スピードを重視するということが
 大事ではないかと思います。

 たとえば、かりにある問題があって、
 その問題を放置すればお客様を失うかも
 しれないとします。


■そういう場合に、ともすれば、
 担当者が上司に相談し、
 上司が社長に説明する資料の作成を指示し、
 その資料をもって社長に説明するという
 こともあると思います。

 しかし、現場は動いているわけです。


■ですから、担当者が上司に相談し、
 そのまま社長に相談し、判断して
 もらうことができるという
 体制と信頼感が必要だと思うのです。

 社長室で現状を書き出し、
 仮説を含めた打ち手を検討し、
 それぞれの優劣を分析、決断する。

 そうしたことができる会社であれば、
 即断即決でスピード感を持った
 仕事ができるのではないでしょうか。


超・会社力―力強く利益を出し続けるために
長谷川 和広
かんき出版
売り上げランキング: 199258
おすすめ度の平均: 4.5
5 チェックリストがすごい!
4 腐らない組織になるために
5 生き残れる会社とは何かが分かる





↓↓この名言に「なるほどね!」と思ったらクリックをお願いします rankingnosum
いつも応援ありがとうございます


jap11 at 06:41|この記事のURLComments(0)Edit