【本のソムリエ】が選んだおすすめ書籍!
98点 / 97点 / 96点 / 95点 / 94点 / 93点 / 92点 / 91点 / 90点
年間書籍ランキング
2008/2007/2006/2005/2004/2003/2002
 
<<前のページへ|経営|    次のページへ>>

トップ>経営>ボルボのフォーカスは「安全性」にある

「今日の名言」は・・・

・ボルボは車にフォーカスしているのではない。
 フォーカスは「安全性」にある。
 BMWは車にフォーカスしているのではない。
 「ドライビング・マシーン」であることがフォーカスである(p293)

フォーカス」アル リース、ダイヤモンド社
【私の評価】★★★★☆(83点)


■確かに「安全な車」といえば、
 ボルボとメルセデスというイメージがあります。

 特にボルボは、無骨だけども、
 安全だけにはこだわりがある。

 調子のよいBMWはやはり、
 「走り」の追求というイメージがあります。


■追求していくと、
 その分野の専門家になれる。

 お客様もそれを
 期待してくれる。

 その相乗効果で、
 仕事がうまくまわっていく
 のでしょう。


フォーカス―市場支配の絶対条件
アル リース
ダイヤモンド社
売り上げランキング: 350007



↓↓この名言に「なるほどね!」と思ったらクリックをお願いします rankingnosum
いつも応援ありがとうございます


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ


にほんブログ村





jap11 at 07:40|この記事のURLComments(0)Edit

トップ>経営>業績不振の事業会社の金利を高くする

「今日の名言」は・・・

・ホールディングスは、業績不振の事業会社に
 資金を貸すとき、必然的に金利を高くする(p149)

壁を壊す」吉川 廣和、ダイヤモンド社
【私の評価】★★★★★(90点)


■持ち株会社(ホールディングス)の役割は、
 グループ企業の方向性を
 示すこと。

 そして、偏りがちな資金、人材の
 流動化、最適化を図ることです。

 そのためには、理念(考え方)が
 必要になります。


■吉川さんの理念(考え方)は、
 事業会社であっても市場原理を
 適用するということです。

 グループ企業だからといって、
 優先的に購入する必要はないし、
 貸付金利も業績によって変化させるのです。

 そのように事業会社を
 ぬるま湯ではなく、厳しい環境に置くことで、
 自助努力を引き出すということなのでしょう。



壁を壊す
壁を壊す
posted with amazlet at 11.07.26
吉川 廣和
ダイヤモンド社
売り上げランキング: 86111



↓↓この名言に「なるほどね!」と思ったらクリックをお願いします rankingnosum
いつも応援ありがとうございます


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ


にほんブログ村






jap11 at 07:27|この記事のURLComments(0)Edit